【父の日】尊敬できる父。大学での学びがあったからわかる偉大さ

f:id:TAKUMIBLOG:20200614221732j:plain


今日は6/21の父の日を前にして、おとうさんから学んだことについて書いていきます。

 

「中高生の頃には分からなかったことが、時間が経つにつれてわかってくる。」

まさにそれを経験したことを書いています。

 

 

好きでは無かった父の生き方

僕の父は、高校2~3年の頃に会社員から自営業へと起業をしました。

当時の僕は大学進学を控えていたので、そのときの父の決断が理解できませんでした。

理由としては、子供ながらにお金のことはとても不安だったから。

それに当時の父の決断は、"会社から逃げている。"そのように感じていたから。

 

父の性格は僕とは真反対で、高卒で働き、ものごとを感覚で生きているような人でした。

手先は器用で、どんな製品も自分でいじって直してしまう。

 

だけれども、自営業を選択した父を理解できないし受け入れたくない・・・。

僕は今までの父を反面教師として、"僕は父とは同じことはしない"と思うようになっていました。

 

 

少しでも父の力になりたい

いざ大学進学の時期になり、どこに行こうかと考えていました。

父は高卒だったが、僕は大学に進ませてもらっている。

だから"少しでも父の力になりたい"という気持ちから、現在の大学で経営学を中心に学んできました。

また大学での学びを活用しようと、学外活動にも積極的に参加するようになりました。

はたして力になれたのか

4年生になり、振り返ってみました。

大学で学べことは何が活かせたのか。

結論、簿記だけ。

要は、答えがあるものには学びが活かせるが、答えがないものには活かせなかった

 

 

力になろうとして、逆に学ばされたこと

しかし、いちばん学ぶことができたのは、「父の偉大さ」であった。

高校生の僕が理解できなかった父の決断が、大学での学びを通して理解できるようになった。

そして理解できたからこそわかる、「父の偉大さ」なのである。

 

理解できるようになったのは、なぜ

ゼミ活動があったから・・・

その理解できるようになった一つは、いま所属しているゼミでの活動だ。

これは必ずと言い切れる自信がある。

 

学んできた内容はコレだ。

管理会計×アントレプレナーシップ×金勘定

これを元に、経営者や管理職目線でモノゴトを見る目を養うことをしてきた。

そして、たくさんのオトナと出会わせてくれたことだ。

 

これがなかったらおそらく自分は父のことを理解できていなかったし、理解しようともしていなかった。

 

 

理解できたこと2つ

 

では、理解できたこととはなんだろうか。

 

  • 1つ目は、働くことについて。
  • 2つ目は、経営をすることについて。

 

働くことについて

まずは、1つ目の働くことについてが、どう関係するのか。

それは、「何のために働くのか」を考えることである。

この問いについて考えてこれたし、そういう環境に居れたから理解できるようになった。

 

お金のためだけにずっと雇われながら、働くことができるのか。

おそらく違う、のだと僕は思っている。し、僕もお金のためだけに働きたくはない。

働く本質としては、好きなこと・やりたいことの延長であるのだと。

ほとんどの人がこれがないから、給料や福利厚生に目が向いてしまう。(と思っているし、自分がそうである。)

 

だが父は働きながら、自身の経験を積みながら、好きなこと・やりたいことをみつけることができた。

だから、自営業を始めたのではないか。

 

このことについて考えることができて初めて、父のことを理解できた。

誰にでも好きなこと・やりたいことがあるわけではない。

そんななかで父はそれをみつけて、自分で起業したからだ。

 

しかも父にも不安はあっただろう。

安定というものとは無縁になるのだから。

そう考えると余計にスゴイ。

 

経営することについて

次に、2つ目の経営をすることについてが、どう関係するのか。

起業するのは簡単だ、では売り上げを上げて利益を確保する。

 

実際にココができなければ、お金は生まれない。

当初は細々とであり、商材の幅を広げることや業務の幅を広げるなど工夫していた。

 

そのことを思い返して考えると、難しい一面があったと思う。

それでも今では会社員時代よりは良くなったのだから。スゴイ。

 

主にこの2つについて、考える力がついたから理解できるようになったと思っている。

 

父との本音話

お酒の力で

あるとき、友人2人と実家でBBQをした。

母も頑張って明るく振舞ってくれており、父はいつも通り肉を焼いてくれた。(笑)

この年にもなると、お酒も進み、お酒の力で本音で話していた。

 

そのときに感じた無力感。

大学での学びは机上の空論。

教科書通りには行かないという、当たり前の現実を突きつけられた。

 

大学進学時の"少しでも父の力になりたい"という気持ちが、1mmも力になれない自分がいることに悔しかった。

(父としてはそれを期待してはいないだろうが・・・。)

 

のちに聞いた言葉

しかし、のちに友人から聞いた父の言葉に驚いた。

感覚だけでは限界がある。学んでこなかったことを後悔してる。

実際には、本当かどうかはわからない。(僕もお酒に酔っていたし、友人もしかり。)

 

それを聞いて、やっぱり経営って難しいんだって思わされた。

でもそれ以上に、赤の他人に自分の失敗談を語れる父に「偉大さ」を感じた

ふつうなら威張る人が多いなかで、失敗談を語れる父はスゴイなと。

 

これを聞いて、なおさら思った。

"少しでも父の力になりたい"という気持ちを。

 

さいごに伝えたい「ありがとう」

そんななかで就職活動をしているが、父の力になるための力がつく会社に入ることができたらと思う。

 

と同時に、いかがでした?

うちの父ってすごいでしょ!?(なーんて親バカならぬ、子バカなことを(笑))

 

大学に行ってたくさんのことを勉強してきたからこそわかる。

「父の偉大さ」

僕は、父のことを反面教師なんていって理解しようとしなかった

だけども今になって理解できるようになったし、そんな父を尊敬している

 

前の僕なら、こんな気持ちにも素直になれなかった。

そんな僕が素直になれたのも、大学生活があったから。

 

ありがとう、おとうさん。

 

父の日のプレゼントでお酒なんか贈ってみて、一緒に飲むってのもまたひとつ親孝行かもしれませんね。(笑)

【ToDoリスト】毎日のスケジュールを立てることで無駄な時間を減らす

f:id:TAKUMIBLOG:20200529193930p:plain




今回は以前お世話になった賢者屋さんの方でPandoというサイトで記事投稿をすることになったので、はてなブログでも発信しようとおもいブログとして残すことにしました!

以前のブログで紹介した本ですが、ぜひ別視点で読んでほしい内容になっています!

 

 

おうち時間に取り組んだこと

"〇〇"によって時間の使い方を意識した

僕は自粛期間前は、やろうとしていることややりたいことは多くあるけれど、どれをしようかあれをしようかとおもうばかりでなかなか取り組めず習慣化することができていませんでした。
そんな中で自粛期間中に読書に取り組んでいたとき、ある本をキッカケに時間の使い方が格段と良くなりました。

ある本とは、コチラ⇒⇒『アウトプット大全/樺沢紫苑』
この本は、脳科学に裏付けられた伝え方・書き方・動き方というアウトプットを元に「説明」「アイデア」「雑談」「交渉」etc...の能力が最大化するということについて伝えている本であり、アウトプットとして実践できる取り組みとして80の方法を挙げています。
ここまでの説明で、アウトプットと時間の使い方にはどんな関係があるのか。疑問に思う人もいるでしょう。
そもそもアウトプットをする前提としては、読書をするなどのインプットがあることが前提としてあります。
インプットだけでは脳に情報をいれても、保存される期間は2~4週間ほどです。
そのためアウトプットによって記憶が残り、知識が身につき、自己成長が実現します。
重要なのは、インプットの量ではなく、アウトプットの量となってきます。

だから私は読書をしたことによって、時間の使い方を意識するようになりました。

時間の使い方がうまくなり、ムダな時間を減らすことができた

私は読書をしたことによって、時間の使い方を意識するようになりました。

そして同時に、この本を読むことで今までなかなか取り組めずにいた理由も見つめ直すことができました。

僕が取り組めなかった理由は、スケジュールを管理できていなかったから。

よくあったのが暇な時間ができたから「何をしようか」と考えて、なかなか決めれず時間が過ぎてしまっていたからでした。

そんな僕が時間をうまく使えるようになった秘密は、やることをToDoリストで管理して、朝起きてから1日のスケジュールを立てるようにしたからです。

実際の様子はコチラ👇

ToDoリスト:読書/ブログ/Twitter/仕事/勉強/

筋トレ/就活/プログラミング/ウォーキング

[スケジュール]
朝(9~12時) 読書
昼(13~16時) 勉強
夕(16~19時) 筋トレ
晩(21~23時) ブログ

ポイントは、時間帯別で分けているがみっちりとしたスケジュール管理はしないこと。
またアプリで管理するのではなく、紙やホワイトボードに書き出すこと!

これは脳が覚え続けるという負担を減らすことで、やるべきことに集中をしやすいようにするという効果があるためです。

アプリを使わないのもスマホをみると誘惑が多いことから、紙やホワイトボードに書き出すことが最適です。

このような形で、朝起きてから1日の流れをイメージしてスケジュールを立てることで1つ1つを毎日こつこつ続けることができるようになりました。

そしてそれらを習慣化することができ、1日ムダに過ごすということもなくなりました。

f:id:TAKUMIBLOG:20200529183430j:plain

(愛用しているPCと『アウトプット大全』)

将来のために今できることを積み重ねる

なぜここまでするのか。その根底には、今しか生きることのできない一瞬を後悔したくないから。
哲学のような話にもなりかねませんが、人生には生まれてから死ぬまでの期限が必ずあります。

そのなかで、死ぬ間際にやり残しておいたことで自分の人生に後悔をするのは嫌だからという想いがあります。

だから今できる限りの最善策として、後悔しないように時間の使い方を意識するジブンがいました。
コロナウイルスの影響により、当たり前に外出することができる環境が閉ざされました。これをジブンゴトとして捉えてほしいのが、当たり前だと思うことを疑うこと。

上の話に繋げるなら、ずっと生きてることはできないということに自覚を持つこと。

本気で自分と向き合うことができるひとであれば、時間をムダにすることがもったいないという気持ちが生まれるはずです。

だから僕は読書も勉強もブログも・・・
将来の「いつ」役に立つかというのは分からないけど、今できる事を積み重ねようと思いました。

そんな僕もコロナウイルスが治ったら、挑戦したいことがあります。
それは自分の可能性、自分のできることを実践レベルで広げていくことです。
親と話していて、大学で学んできたことだけではそのまま通用することはできないという現実を突きつけられました。
(実は学生団体の副代表を務めているときにも、同じことは思いました。しかし今回は、ビジネス目線でキツい現実を突きつけられました。)

だから僕は、学んできたことを実践のレベルで活用していきたい。
そのためには今までは学生という身分でしたが、今度は社会人として社会に出て活動していきたいと思っています。
社会に揉まれ、より経験を磨いていきたいです。


今の自分ができること

だから今の自分にできることは、とにかく準備を重ねること
これは知らないことや分からないことを受け入れ、分かっているつもりである自分を自覚すること。

そしてはじめて、好奇心へと繋げていくことです。
そのためにも、いまはたくさんの知識を学び、知らないことに向き合っていくこと。

せっかくのおうち時間で築き上げた習慣を壊さないようにして、毎日こつこつと自分を成長させるために頑張っていきたいと思います。

ぜひみなさんも、時間の使い方を意識してみてはいかがでしょうか?
あなたのゴールはなにか。

そのために必要なことを考えていたら、もっとステキな1日を過ごすことができますよ☺

お題「#おうち時間

いまは毎日が本当に充実していると感じることができ、なにもないおうち時間も楽しく過ごすことができています!!

----------今回用いた本の紹介----------

読んでいないひとは、ぜひ手に取ってみてほしい本です!

Amazonユーザーはコチラから! 

学びを結果に変えるアウトプット大全

学びを結果に変えるアウトプット大全

 

 楽天ユーザーはコチラから!

【成功者ほど読書家である】あなたにとって本を読むメリットとは?

f:id:TAKUMIBLOG:20200523145014p:plain


今回は、読書について書いていきます。

その中でもビジネス書を読むことについてフォーカスしていきます。

  • 既に何かに挑戦している人
  • 本を読む良さがわからない人
  • 読むくらいなら行動するほうがイイと思っている人

このような思いを持っている人へ、読書をすることでもっとあなたの成長の糧になるってことを伝えていきます。

 

ただ前提条件として、あなたがどのような人生を送りたいのか、どのような人間になりたいのか。を考えていることができていればと思います!

そういった将来のビジョンやこうなりたいというゴール設定があれば、いわゆるジブンゴトとして捉えることができると更にGOODです!

 

 

読書への拒否反応

読書=本を読むといっても、その種類はたくさんありますよね。

小説や参考書、ビジネス書、実用書などなど・・・

 

まず読書に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?

読むことに時間がかかる、もしくは時間がないのでしょうか?

疲れるしめんどくさいって思っているのでしょうか?

 

あなたはなぜ本を読むことに対して抵抗があるのかを、自分で理解しておくことが大切です。

その理由は、あなたの前提条件であるゴール設定が何を指しているか。それによって、抵抗があるから読まないままでいいのか。それとも、ゴール設定の為には読むことは必要になってくるのか。

しっかりと自分の中で自問自答し、そのままでいいのか向き合ってほしいです。

 

なぜ読むのか

向き合ってみても、そんなに必要ではないかもしれないという人もいるかもしれません。

では、なぜ本を読むのでしょうか?

 

小説を読む人であれば、著者の世界観が好きだから。物語を読むのが好きだから・・・。

ビジネス書を読む人であれば、経済のことを深く知るため。仕事に役立つ知識を身につけるため。自己啓発のため・・・。

実用書を読む人であれば、趣味やスポーツ、育児などの生活に関わるような何か身近な目的があるから・・・。

 

本のジャンルによって、目的は変わることでしょう。

しかしこのブログでは、ビジネス書にフォーカスをしていきます。

 

おそらくビジネス書を読むとしたら、あなたがいま取り組んでいることのヒント(知識)を得ることが目的になるでしょう。

壁にぶつかったときに乗り越えるためには。

営業スキルを高めるためには。

そんなときのヒントが盛りだくさんなのに、読まないっていうのはどうだろう?

モッタイナイし、損をしているかもしれない。

 

仮にあなたは、いまの自分に必要がないから読まなくていい。

そう判断しているのなら、なおさら。

 

AさんはPというゴールに向かって進んでいますが、途中障害が現れ、なかなか前に進めなくなります。

BさんもPというゴールに向かって進みながらも、Pというゴールに向かうときにあらわれるであろう障害を乗り越えるための方法を本で学んでいました。そのため苦労はするものの、軽々と障害をクリアしゴールへ向かうことができました。

 

この例えからもわかるように、情報を知っていると知っていないとでは、大きな差が生まれることは現実世界でも同じことが言えます。

勉強であれば、ある方程式を解く方法を知っていれば簡単ですが、知らない場合は解き方が分からず苦労しますよね。

 

あなたが今たてているゴール設定があるとして、はたして今のままで充分でしょうか?

用意周到という言葉もありますが、よりゴールに近づくためにも本を読むことはあながち侮れないことだと理解することが大切です。

 

本を読むことで期待できる効果

ここまで、なぜ本を読むのかについてお話してきました。

このブログではビジネス書にフォーカスをして、と伝えてきましたが、本を読むことはヒントを得るためだけにも他の効果が期待できます!

 

あなたへのヒントがたくさん詰まっている

先程もお伝えしたように、ビジネス書には成功談や失敗談といった自分が経験していないことをジブンゴトとして知ることができます。

またそれにより、自分のゴールに近づくためのヒントを疑似体験をしながら習得することができます。

 

文脈理解力によって相手を理解

一般的に、どの本を読んでも共通していることがあります。

それは、本を読むことで文脈理解力が身につくと言われています。

これは相手の立場になって考えることや言葉のニュアンス、空気感を理解することに繋がってきます。

つまり、相手が何が言いたいのかを理解することに役立つということです。

 

この文脈理解力が乏しいと、文脈が理解できないために、状況が理解できない、空気が読めない、人の気持ちが想像できない、といったことが起こります。

 

モノゴトに対する考えが広がる

一流の経営者や年収の高いビジネスパーソンには読書家が多い。彼らはビジネス書に限らず、さまざまな本から吸収し、アウトプットに役立てている。

彼らは人とは違う斬新な発想から、その地位を獲得しているだろう。

そういった人たちこそ、人とは違う斬新な発想は多くの本を読むことから生まれている。

 

では一方、日本の平均的な年収のビジネスマンなどはどうだろうか。

ある調査では、読みやすそうな本やすぐに役立つ本しか読んでいないというデータがとれたそうだ。

成功者では目先の利益ではなく長期的な目線でいることに対し、そうでない人は目先の利益を優先する。

こういったことからも、あなたがゴールに向けて進もうとしているなかで、今は必要ないから本を読まないという選択はいかがなものかと不安が残るのではないだろうか。

 

まとめ

本を読むということは、あなたにとっての新しいトビラを開けるカギとなる。

 

  1. あなたが経験したことない事柄について疑似体験ができる。
  2. 文脈理解力が養われることによって自然と相手の文脈を理解することを手助けしてくれる。
  3. モノゴトに対する考え方が広がることで、いままでのあなたの視点に新しい視点が加わることで、斬新な発想として新しい発見に繋がる。

 

ビジネス書にフォーカスをした理由としては、小説よりも圧倒的に意味が問われるものだと感じたから。

小説などは趣味の一環として読む方が多いのでは、だからビジネス書を必要としているのに本を読むことに抵抗がある人に向けて書きました。

 

本を読むことに抵抗があり、受け入れることができない人に無理やり読んでもらう必要はないと思います。

でもいざというとき、役に立つので今は必要ないと思っていることでも知識として知っておくだけで大きく変わるということを伝える事ができればと思います。

 

僕の場合、壁にぶつかって初めて本で知識を得ていれば...と思うことがあったからいまこうして本を読む大切さを痛感できています。

人に言われてなかなか変わらないのも事実ですし、僕と同じような人は実体験をしないと分からないと思いますが(笑)

 

本を読むことに抵抗するのではなく、あなたがどうなりたいかというゴール設定を元に読む読まないという判断を適切に行って頂ければと思います。

そうすれば、おのずとあなたにとって本を読み学ぶことは必要だと実感できます。